右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2018年2月16日金曜日

千葉県千葉市のインディアンショップSABIYAの平松さんからのメールの返事は来てませんがウチのスパロケちゃんのブレーキの整備をしてみたりしました



スパロケちゃんのフロントブレーキ

ワイヤーをゴツいのに変えたから

タッチ自体は「グニョ感」が無くなったのに

効きはイマイチ良くないので

面倒臭いけどドラムを空けてみた・・・。


ドラム側がレコード盤みたいなミゾだらけで

しかも長期保管中に錆びて腐食したであろうかアバタだらけ・・・orz


「コリャ効かん筈だわ・・・(><)」


さすがにこのタイプの8インチドラムの在庫は無いので

交換するワケにもいかず・・・。
(8インチモンキーのドラムなら棄てるほどあるのにね・・・)


もっとアトの年式のダクトのついたツーリーディングならもってるンだけど

あてがってみたらフェンダーのブレスがダクトに当たってつかない・・・(TT)

ホンダのツーリーディングとかスズキのT500のハブとか

グリメカのWパネルもモチロンまだもってるンだけれども

ブレーキドラムは外観上重要な要素でもあるので

やはり雰囲気は壊したくないから

ココは英国製に拘りたいトコロでもある・・・。



ゴールドスターのベンチレーテッドとか贅沢は言わないけど

ノートンのダクトつきとかイイよねェ~♪♪♪


まぁソンな都合の良いモノがある筈も無く・・・www。

でもってソンなの高くて買える筈も無く・・・(><)


まぁカネ出して解決では簡単過ぎてオモロナイわけで・・・。


と毎度言うが「出せるカネも無い」ンだけれどもさ・・・(自爆


ビンボー人だからしゃあないわね。

ドラムを交換するコトが出来ないのならば

とりあえず現状でヤレるトコまではやってみよう というコトで

ドラムを研磨してみるコトにした。



本当なら旋盤で回して

出来るだけ「均等に内面を削り落とす」ってのが本来ナンだろうけれども

ソンな豪勢な設備はウチには無いので

「在るモノでナンとかする」しか方法は無いワケで

「ドーせダメもとだからな・・・」と

グラインダーとリューターを駆使して

ガリガリゴリゴリとテキトーにミゾやアバタを削ってみるコトにした。

「出来るだけ均等になるように」と心がけながら・・・。

まぁでも所詮は「心がけるダケ」ではあるし

ソモソモその「ココロ」が「歪んでいるニンゲン」がヤルのだから

均等になんて削れるワケもないワケで・・・www。


ポート研磨するみたいに

リューターでゴリゴリと遠慮無しに削ったので

レコードみたいなミゾや腐食のアバタは随分と消えました。

オカゲでドラムは明らかに波なみになってますけども・・・www。

ホンとにダイジョウブなのか???


コンなに削っちゃってイイもんナンだろか・・・(汗


ドラムブレーキって普通は「使用限界値」ってのがあって

「コレ以上径が大きくなったら交換して下さいよ」

という限界の値が必ずあるのよね。

でもソレってナンであるんだろ?って考えたら

普通はアルミのハブにドラムが鋳込んであるから

削れ過ぎるとポロっと剥がれたりするからなんぢゃね?

という勝手な推測的憶測論により

オール鉄っちんの鋳物で出来ているスパロケの純正ドラムには

その理屈は当て嵌まらないンぢゃないの?という結論に。

だから「穴が開くまで使えるダイジョブぢゃん♪♪♪」と

遠慮なくゴリゴリと・・・www。


目検討でゴリゴリ削ったドラムとシューを

さっそくスパロケちゃんに組みつけて試運転。


アタリを出す為にブレーキを引き摺りながらウチの周りをグルグル


最初は全く効かなかったのが

だんだんとイイ感ぢに効くようになって来たので

調子に乗ってフルブレーキも試してみる。


若干のレバーへのバックは感じるけど

予想していたよりも酷くなくて全然イイ感ぢ。

研磨する前とは雲泥の差でブレーキは効くようにはなった。


とりあえずマトモなドラムを手に入れるまではコレで行くかね。


フロントブレーキが効く様になると

今度はグニョグニョなフロントフォークが気になり出す・・・。


次はフォークオイルの粘度でも変えてみるかなぁ・・・。















































2018年2月9日金曜日

千葉県千葉市のインディアンショップSABIYAの平松さんからは相変わらず返事がありませんがドコの世界でも悪人は追い詰められるのが常でして名古屋は熱田の超有名老舗鰻屋も動物虐待で追い込まれて涙眼になっている模様です。










老舗ハーレー屋 VS 老舗鰻屋

素直に「ゴメンなさい」して平謝りすればイイのに

苦し紛れな筋の筋の通らないイイワケを並べて

保身を図ろうとするからアカンのよ。

見事に炎上www。虐待鰻屋認定www。

動物を虐待する様なヤツなのだから

心根が腐っているのはアタリマエなワケでさ

ソンなヤツの言うコトがマトモなワケも無いワケで。


まぁソレにしてもアホやな鰻屋も相手が悪いわさwww。

理不尽で筋の通らないイイワケする前に

ダレに向かっているのか

キチンと相手を見極めてからにせんとwww。

まぁ鰻も絶滅の危機に瀕しているコトだし

トコトン追い詰められて店閉めちゃうくらいで丁度エエんちゃうの。


悪人は成敗されねばなりません。

ヤリ逃げなんてコトが許されて良いワケがない。

悪人はトコトン追い詰めてやれば良いのです。

千葉県千葉市でも名古屋市熱田区でも。






プチ里帰りしたシルクさん。


ハンドル周りのリファイン








トマゼリのパワーレバー付きビンテージオフロードバーに

マグラのトラップドアスロットルにボルトンのラメラメグリップ








ホンモノのビンテージなトライアンフのチョークレバーに

ホンモノのビンテージなスイッチ








TOMMASELLI








コンなトコにもTOMMASELLI

コーいうトコがボディーブローのように効くのよ。








MAGURA









タル型でヒダヒダでラメラメなのはBOLTONダケ







ビンテージなスケルトンミラー








ステップゴムは流れ文字HONDA

もちろん可倒式のリターンバネつきですョ♪♪♪


って感ぢでプチリニューアル

オーナーさんにも喜んで貰えたようで良かったです。

部品チョイスも全て任せて頂いてアリガトウ御座いましたm(__)m






バイクやクルマとはカンケー無い仕事の手伝いに駆り出されたり

インフルエンザで10日も寝込んだりしたので

一向に進んでいない「スパロケちゃん」ですが・・・。


コノ安っぽい「ナナニィ」ウインカーがドーしても気に入らない。

ヨリにもよってナンで「ナナニィ」なんだろか・・・。

数あるウインカーの中でオレがイチバン嫌いな「ナナニィ」

美しさのカケラも無いドン臭いデザイン

ありえないドーしても変えたい。

だが「スパロケちゃん」に似合うウインカーってドンなだろか・・・。

そもそも元々は「ウインカーなんて無い」のだから

無いのが一番美しいワケでさ。

オレ的にはインディアンさんにもついてないし

アエルマッキちゃんにもついていなかったし

アリさんも無かったから

ウインカーなんて無くても全然平気なんだけどね。

でもまぁせっかくついているし生かす方向で行くかと・・・。

がしかし・・・。

ウインカーって全然選択肢が無いのね・・・。

市販されてる社外のウインカーってロクなのが無い・・・。

そういう意味ではChopperって楽でイイね。

ガイドかヤンキー辺り選んどけば間違いないモン。

BSAにガイドやヤンキーつけるワケにはイカンしねェ・・・。

ドーしたもんかと・・・。

ヤフオクを散々徘徊して偶然見つけたのがコレ。





2個で¥500-♪♪♪






サイズもカタチもナカナカいい感ぢ。

でも2個しかないの・・・。

もう2個探さないと・・・。

ヤフオク探ってみたけど無いのよ同ンなじのが・・・。





メーカーとかもワカランしさ

まぁマトモに新品で買う気などサラサラ無いンだけどねwww。


現行?のトライアンフの純正のウインカー

(オッパイみたいなヤツ)もイイなぁ~って思ったけど

アレめっちゃんこ高いのよね。

中古でも1個¥3000-はするモンだから無理無理無理www。

気長に¥500-で探しますわ~www。

































2018年1月21日日曜日

千葉県千葉市のインディアンショップSABIYAの平松さんからは一向に連絡がありませんがウチのBSA650A10スーパーロケットはブレーキワイヤーを製作してナイクルに行って来ました♪♪♪








ウチのスパロケちゃんはドラムブレーキ

まぁ1959年式のヴィンテージモーターサイクルだから

アタリマエっちゃあアタリマエの装備である。



ドラムブレーキって一般的に「ディスクブレーキより性能が劣る」

っていう固定観念が世の中に浸透していて

「効かなくてアタリマエ」

的なアタマでっかちな思い込みが蔓延っているのだけれども

キチンと整備されて調整がキッチリされているドラムブレーキって

実は驚くほど良く効くのである。

ソリャぁソーだわさ 

ディスクブレーキが一般化するまでは

レースでもドラムブレーキ使ってたワケだからね。

キチンとヤッテあればソレ相応に使えるブレーキなのである。


だがしかし・・・。

悲しいかなウチのスパロケちゃんも御多分に洩れず

前オーナーの「諦め」からか全くブレーキが効かない状態。

ソレはもう「危険」な領域で効かない。


フロントもリアもレバーやペダルが「グニョグニョ」で

レバーがグリップにメリ込む位まで握り込んでも全く効かない。


リアも同ンなじでペダル踏んでも「グニャグニャ」するだけ。

コレではとてもぢゃあ無いけれども危険で

とても乗れたモンぢゃあ無いので

キッチリ乗れるようにするべく改善するコトにした。
 

このドラムブレーキの「グニョグニョ」って実は

チカラが逃げてるから「グニャグニャ」スルんだよネ。

レバーを握ってるチカラがシューをドラムに押さえ付けるチカラに変換されず

「他所」に逃げちゃってるから「グニャグニャグニョグニョ」するワケ。

「ブレーキの性能以前の問題」なのよ。


ブレーキ自体はキチンと効く容量を持っていても

ソレをキチンと作動させられなければ効くワケがない。


だからソノ「他所」へ逃げちゃってる作動させる為のチカラを

「他所」へ逃げない様にすれば

シューをドラムに押し付けるチカラがキチンと伝わって

「グニョグニョ」感が無くなって「カチっ」っとしたブレーキになるのよ。


レバーを握るチカラが逃げなければ当然

ソノ分ブレーキシューを押さえ付けるチカラが増すから

「カチッとしたキチンと効くドラムブレーキになる」っちゅうワケ。


ディスクブレーキでゴムホースからメッシュホースや金属管に変更すると

オイルラインが膨張しなくなって「カチっ」っとしたブレーキになるでしょ?

ドラムでもアレと一緒のコトが起こっているのよ。 


「他所」へ握ったチカラが逃げてるから「グニョグニョ」するワケだから。

チカラを「他所」へ逃げない様にすればイイ。


ンでソノ「他所」ってドコなのよ??ってハナシなんだけれども 

ドラムブレーキってドンなバイクでも

フロントは粗100%「ワイヤー」で引いてるでしょ?

でもってリアに比べたら非常に短いレバーを

リアブレーキと比べると圧倒的に少ない作動幅で

リアよりも強力なチカラで引かないとイケナイワケですよ。

なのにも関わらずフロントはフォークが伸び縮みする構造上

自由度の高い「ワイヤー引き」で対応するしか無いワケ。

でもってそのワイヤーの構造が自由度を優先する仕組み上

チカラを伝えるトキにアウターは縮みインナーが伸びるので

どうしても伝達の際にチカラを喰われてしまうのです。

ワイヤーの伸び縮みでチカラが逃げるから

シューまでチカラが満足に辿り着けないワケ。


レバーの握り心地が「グニャグニャグニュグニュ」するのは

「ワイヤーが伸びたり縮んだりしている感触」なのですよ

つまりソレって「ブレーキワイヤーの剛性」が足りていない。

チカラが逃げちゃってるっていう証拠なのです。


モンキーなんかで「ドラムブレーキの効きを良くする為」とか言って

ブレーキアームの長さを長くしてレバー比を変えても

「グニャグニャ」するダケで効きは良くならない 

ってのも同ンなじ理屈です。

ドラムブレーキの効きを良くしたいのならば

摩擦係数を上げて(シューの材質を変えて)

摩擦有効面積を目イッパイとる(シューのアタリをとる)コトと

レバーを握ったチカラが逃げない様にするコトです。

いくらレバー比を変えても

チカラが逃げていてはブレーキの効きは大して変わらないバカリか

握り心地のキモチ悪いブレーキになるダケなのです。


ナンでモンキーのパーツを作っているメーカーは

高剛性のブレーキワイヤーを売り出さないンでしょうか???

アンな穴の開いた長いブレーキアームなんかよりも

チカラの逃げないブレーキワイヤーの方が

よっぽど効果が上がると思うンですけどねェ・・・。

まぁ器用な人は大排気量用の太いワイヤーを加工して

モンキーに合う様にするダケなので

既にヤッテるのかもしれませんけどね。




右はスパロケちゃんについていたフロントブレーキワイヤー

まるでモンキー用かと見紛うくらい細くて剛性が低いです。 

コレでアノ長いブレーキレバーにあのレバー比ですから

ワイヤーの剛性が全く足りていないワケです。

左はアップガレージで100円で買った極太ブレーキワイヤー

ホンダ純正の新品でしたが車種不明の売れ残りの為に激安でした。

コレだけ太さが違いますからチカラの逃げも全然違います。









インナーワイヤーの太さもアカラサマに全然違いますね。

倍くらいの太さがありますよね。

コンなワイヤーが新品で100円とはアップガレージ最高です♪♪♪www。

まぁ当然ですけどBSAにポン付け出来る筈はなく

長さを合わせて切って ドラム側はアダプターを製作して

レバー側も差込の太さのツジツマを合わせて

太鼓サイズも違うので太鼓を移植してと

面倒な加工はイロイロと必要なのですけれども

純正よりも高性能なブレーキワイヤーが100円で手に入るのですから

手間を惜しまずアップガレージに感謝です♪♪♪








出来上がったブレーキワイヤーの調子をみがてら

試運転でコチラへ


そうですよ 

第三土曜日の夜は滑走路の横へ集合ですよ♪♪♪















































































































































































































































































































































































































































寒いのに「逝カレたバイク乗り」が集まっておりましたwww。

ジャンルレス ボーダーレス 

バイクやクルマが好きならば乗ってすらいなくてもOKwww。

そんな「集い」が第三土曜のナイトクルーズ

また来月♪♪♪





スパロケちゃんのブレーキは交換前とは雲泥の差

でもまだシューのアタリが甘いみたいで調整の余地アリアリ。

「キチンと効くドラムブレーキ」にするには

まだまだイロイロとやらないとアカンことがありますな。

まぁボチボチと仕上げて行きますわ。