右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年9月30日火曜日

CHIRIHAMA SAND FLATS SPEEDWAY 2014 #06














































































































































































わわわれニンゲンのレベルなんてェのは所詮そんなもの 少しでも危険があるんだったら近づかないというのも手だ。そうすると危険なモノには近づくなということになるが、本当にそれでいいのか。完璧に安全だということはあり得ない。もし完全な安全を求めるのであれば、危険なところには一切近づかないという解があってもいいが、それは個人が決めることだ どのような決断をするにせよ決めたコトには決めたニンゲンが責任を負うということ 都合の良い解釈で自分にとって楽で心地良い方を選んでおいて イザコトが起きたらギャアギャアと他人に責任を押し付けるのは卑怯者のするコトだ








「原子力規制委員会は火山噴火は予知出来ると言っているが」

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140929/dst14092900140002-n2.htm


まぁ普通に考えたら理解出来るわな。

火山が噴火したらドーなるかナンてェのはさ。

御岳山の噴火程度でも噴石やら噴塵が前が見えないほど降った。

モチロン噴火で起こる直接の被害もなのだけれども

原発の冷却に必要な電源を確保する為の要であるディーゼル発電機は

文字通り発電機であるから ディーゼルエンジンで発電機を回すワケでしょ。

エンジンならば吸気しなきゃ爆発させられないワケで

吸気しているなら噴塵の影響は必ずあるのではないか と考えないとイケナイ

動力がエンジンなのであれば その動力であるエンジンにも冷却が必要だ。

様々な事態を想定しておかないとイケナイ というコトを

我々は福島第一原子力発電所爆発事故から学んだ筈だ。


もう二度と「想定外でした」では許されない。



「川内原発周辺には過去に巨大噴火を起こした火山が主だったモノだけでも5つもある」

http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_energy-genpatsu-sendai20140716j-02-w330


このウチのヒトツだけが噴火するとも限らないワケだからね。






























HIGHSLOT 2014 #01








今年もハイスロの季節がやって来た。

今年で4回目の参加になるんだな。

もう4回目なのかぁ~ 月日が流れるのは早いねェ~。




ハイスロの会場である高浜町の脇坂公園までは往復で370kmくらいある。

伊勢志摩と千里浜で1000kmを超えたので
ハイスロに向けてオイル交換するコトにした。

1000キロで?って言うヒトも居るけれど
インディアンさんはオイルフィルターが無いので
コマメなオイル交換がEgの寿命を左右すると思っている。

モンキー等のカブ系のEgも同ンなじなんだけど
モンキー系の場合は回転数も高いンで
インディアンの半分くらいの距離で交換するよ。

Egオイルはケチると必ず後悔する羽目になるからね。

今回は先回交換し忘れてたプライマリーオイルも忘れずに交換した。





深夜2時半 家の前でEgをかける。

Egがかかったら速攻で押して表通りへ

こういう時に軽量なサイドバルブは都合が良い。

まぁソレでもライダース着てるから汗だくナンだけどねwww。


今回初めてバイクで自走参加する。

高速道路が繋がって1時間くらい時間短縮されたみたいで

随分と高浜が近くなったワケだけれども

残念ながらビンボー人は今月は高速代が嵩んでいるンで

出来るだけ高速代を浮かせるべく

「一宮」~「関が原」までの区間のみ高速で あとは下道を走るコトにした。




関が原のGS 

下道と言っても国道なので夜中は交通量も少ないし

田舎なので信号も少なく 殆ど信号待ちも無かった。


但し真夜中の山中の街路灯の少なさには参った(><)

ハイビームの無いけして明るいとは言えないフォグランプでは

ナカナカにスリル満点であった。


木之本からはキモチの良い道が続くのだけれど

真っ暗なので楽しむ余裕はない。


道端に設置されている外気温度計は13度だが

千里浜の教訓を生かしてヒーテックを着て来たので寒くはない。
ヒーテック着て来て大正解♪♪♪


ずうっと給油以外はノンストップで来たが 

さすがにチョッと疲れたので 熊川の道の駅で休憩をとる。



暖かいコーンスープで体を暖める。


腹が減った(><)ナンか喰いたいけど

ハイスロの会場で美味しい朝ご飯を喰う為に我慢するのだ~。




夜が明けてきた。

このまま一気に高浜へ向かう・・・

が 

ちと早く着いてしまいそうなので ちょいと寄り道をば・・・。





この橋の向こうに大飯原発がある。






奇麗な海 原発さえ無ければなぁ・・・。






そして ワインディングを抜けるとソレは唐突に現われる。



大飯原発バリケード前

以前はバリケードの向こう側まで行けた。

バリケードの向こうには大飯原発のPRセンターがある。

2011年に行った時には既にPR館は閉鎖されていたけれど

トンネルにもゲートは無くてダレでも入れそうな感じだったのだが




今はモノモノしいバリケードで封鎖されている。

実は警備員の後ろの看板の裏に2人原発の職員が隠れている。

オレがカメラを取り出して写真を撮り出したら看板の陰に隠れた。

疚しいコトが無いのなら堂々としていればイイのにね。






奇麗な海に突き出た半島の先端に原発はある。

半島には集落もあり地元の人達が住んでいて

民宿もあるし海水浴場もある。






原発に事故があれば この橋を渡って人々は逃げるワケか

地震で橋が崩れたらドーするんだろうね。






原発のためダケに架けられた立派な橋





7時前にハイスロ会場の脇坂公園に到着♪♪♪



前日からの泊り組みのバイクが沢山並んでいる。

どうやら当日入りの一番乗りのようだ。







会場にはキャンプエリアがあってテント村が出来ていた♪♪♪























奇麗な海を眺めながらユッタリとした時間を楽しむのもイイね♪♪♪







ホンとに素晴らしく奇麗な海なのよ







岩場もあって釣りも出来る。







ミノー投げてるヒトも居たし エギングしているヒトも居た







透明度バツグン♪♪♪







奇麗な海に不釣合いなモノが・・・







あの巨大な鉄塔の先に高浜原発がある。







この電線は遠く大阪まで繋がっている。

大飯原発も高浜原発も大阪に電気を供給する為にある。








ハイスロ首謀者 高浜番長







ハイスロ自慢の朝飯♪♪

チョー美味い♪♪♪

「へしこ」サイコ~♪♪♪

「やたら」って言うジャコとシソのふりかけもチョー美味い♪♪♪

朝からお代わりしてまったwww。







朝飯大人気♪♪♪










































2014年9月29日月曜日

ソリャぁシャブの町でシャブを批判するような内容のイベントをすればシャブを取り上げられては困っちゃうヒトが必死になって反対するだろうコトはダレにでも想像出来るコトだよね








「シャブのクニ福井で反シャブアートに反発」

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20140929/CK2014092902000008.html


ナンでドレもコレも「そもそも」な部分が抜け落ちているンだろうか

ドコかのダレかの都合ダケでモノゴトを決めるコトが正しいコトなのか

マトモな判断力があるニンゲンならば理解出来るハナシだ。


文句を言うヤツは「そもそも」な部分をスっ呆けて

「生活ガー」とか「生きて行くためにワー」とか

見苦しいイイワケを並べているけれども

「そもそも」そのイイワケに使っている「生活」というモノが

本当にソノ問題としているモノと吊り合いのとれるような

掛け替えの無いモノなのかどうかは非常に疑問だ。


エゴを通すコトで失われるモノ達は

まさに「掛け替えの無いモノたち」であり

ニンゲンの見苦しいエゴや快楽の為の引き換えとして

差し出して良いモノだとは とうてい思えない。


自分達の今の快楽を減らしたくない。

自分達ダケがババを引くのは許せない。

自分達さえ良ければドーでもいい。


イツもドノ問題でも 見え隠れするのは

欲にかられたニンゲンの醜い部分だ。


自分達の欲を通す為のイイワケが並べられるダケで

問題とされている根本である「そもそも」な部分がキチンと論議されるコトはない。


ソリャあソーだわな

問題の根本である「そもそも」な部分を公平な立場で議論したら

自分達に都合の悪い答えしか出て来ないもんね。


























2014年9月27日土曜日

CHIRIHAMA SAND FLATS SPEEDWAY 2014 #05













こういうシュっとして隙が無いヤツがイイね。









レバーを撮ったツモリがEgにピントが・・・(汗

最近レバーが気になって気になって・・・。

ナカナカかっこいいレバーってないンだよねェ・・・。







フィンがいっぱい♪♪♪






























マグネトーだけどプラグコードがない。
どうやらコイルは別体のようだ。















セリアーニオールドGP








コッチ側のカバーとかもカッコイイなぁ~♪♪♪







コイルはココにあった。








MIKUNIとK&N







リバースコーンメガホン







無敵だね♪♪♪






コレもすごいなぁ~♪♪♪







無敵のフロントまわり♪♪♪







アマルのスロットルにマグラの二本引き
















タンクのマウントもステキだね♪♪♪






文句無し♪♪♪
























ため息出ちゃうねェ~♪♪♪